『なわとび』は子供にどんな効果がある?適切な長さは?おすすめは?


縄跳び(なわとび)は、昔から子供の遊びとして親しまれています。最近では、エクササイズ目的で大人の間でも流行したり、縄跳びを競技にしたダブルダッチなども流行しています。子供が縄跳びで遊ぶとどのような効果があるのか、また縄跳び購入の際の『長さ』はどれくらいのものがいいのか。おすすめの縄跳びも合わせて紹介します。

 

スポンサーリンク

子供が縄跳びをするとどんな効果があるの?

子供が縄跳びをすることで一体どんな知育効果があるのでしょうか

 

 

下半身の筋肉が育つ!?インナーマッスルも?!

なわとびはまず下半身が鍛えられます。おもにふくらはぎや太もも裏の筋肉を鍛えることができます。これは、子供に限らず大人も同様です。

その他にも、腹筋のインナーマッスルなどを鍛えることができます。普段意識して鍛えることが難しいインナーマッスルを鍛えることができます。

子供のうちから縄跳びで遊んでいたら身体能力の高い子供になるかもしれませんね。

スポンサーリンク

 

リズム感が養われる!?

縄跳びを上手に跳ぶために大事なことのひとつにリズムに合わせて跳ぶことが挙げられます。

つまり、縄跳びを上手に跳べること=リズミカルにジャンプ出来ている と言えます。

 

なので、縄跳びを上手に跳ぶことでリズム感を養うことができます。

リズム感は大人になってから養うことがとても大変なので、子供のうちからしっかり身に着けておきたいですね。

また、親御さんがリズミカルに縄を回してあげれば上達も早くなるでしょう。

 

大縄跳びで協調性が身につく!?

 

縄跳びをある程度跳べるようになったら、お友だちと複数人で大縄跳びをすることも多いと思います。

大縄跳びはかなり大人数で遊ぶことができて、みんなの息を合わせて跳ぶことが求められます。

 

なので、協調性を身につけることができます。

 

複数人がチームとなってひとつのことをやり遂げる達成感を得ることは何にも変えがたい喜びです。

このような経験を子供のうちからすることは将来の財産になるでしょう。

 

なわとびの適切な長さは? おすすめ縄跳びは?

子供に縄跳びを買い与えるにあたって、どれくらいの長さの縄跳びがいいのか。また、おすすめはどんな縄跳びかご紹介します。

 

スポンサーリンク

身長+55cmの長さの縄跳びを選ぼう!

一般的に

身長+55cm

の長さになる縄跳びが最適といわれています。

 

これは、

縄跳びの長さの決め方

↑の画像のように直立して「きをつけ」の姿勢から肘を90度曲げて両手で縄跳びを持って、縄跳びの縄の中心を足で踏んだときの長さとほぼ同じになるそうです。

可能であれば上の画像のように縄跳びを持ってみて決めるのが最適ですね。

 

オススメ縄跳び① 瞬足なわとび

 

 

 

価格:840円(税込)

この縄跳びは、長さ調節が可能(最大2m70cm)で縄が9面体で出来ているため風を切って回すことができます。

速とびなどに向いています。

 

オススメ縄跳び② クリアートビナワジュニア

 

 

 

価格:559円(税込)

こちらも長さ調節が可能な縄跳び(最大2m70cm)。JNF日本なわとび競技連盟公認のため、競技用縄跳びでもあります。もち手の形状が独特です。

 

最後に

みなさん子供の頃何気なく縄跳びで遊んでいたと思います。ですが、いざ自分のお子さんに縄跳びを買ってあげるとき、どれを買ったらいいかわからない。どれでもいいのかな。なんて思っている人の役に立てばいいと思い今回の記事を作成しました。

縄跳びは大人がエクササイズでやるように、かなりの身体能力強化が見込めます。また、体育の授業になったりもしていることから早くに習得することが大事です。

適切な縄跳びを買って楽しく遊んで縄跳びを身に着けてもらいましょう。

 

スポンサーリンク

Follow me!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA